むくみ解消には筋トレと水分摂取量の見直しを!必要あらば医療機関の受信を!

足のむくみは、脚の筋肉不足によるものと聞いたことがある。
重力に従って血流が脚に滞りやすくなり、血中の水分が血管から外に出たものがむくみの原因となるという。
筋肉量が十分な人は、筋肉のポンプ機能で血流を心臓の方に押し返すことができるので、血流の滞りからのむくみは発生しにくいというが、特に女性は筋肉が少ないのでむくみが発生しやすいそうだ。
もちろん風呂上りに脚のマッサージなどをすることも、むくみ解消には効果的だが、あくまでも一時的なもので、根本解決をしたいのならば筋肉をつけるべきだといえよう。
また、そもそも水分の排泄がうまくいっていない可能性がある。
日頃の発汗、排泄に問題がある場合、逃げ場を失った体内の水分がむくみとなって現れる寸法である。
これらの問題を解決するためには、もしかしたら医療の力を借りる場合があるかもしれない。
軽度の問題である場合、運動によって解消することもある。前述した脚の筋肉をつけてむくみを解消する名目でも、筋トレを兼ねた運動は有用といえる。
さらに、そもそもの水分摂取量が多い場合も同様にむくみにつながる可能性がある。
過剰に水分を取りすぎていないかも合わせて見直していく必要がある。
最後になるが、むくみが病気のシグナルの場合もあるので、不安な場合は医療機関への相談も検討してほしい。
むくみにルピエライン