オカルトの怖さとは

ケースは違えどそれらの失踪事件は一つ共通点がある彼らが住んでいた家は壁家具すべてが白のみで統一されていたという信じようと信じまいと作品の名前を知らずともお岩さんと聞けば誰もが頷く四谷怪談その中でお岩さんは夫に惨殺されて亡
霊となったと言われているが実際には仲睦まじい夫婦であったというしかし映画の撮影中にお岩さんの祟りと呼ばれる事故が起きたことも事実である果たしてその事故は勝手に亡霊にされたお岩さんの怒りなのかそれとも別の何者かが 信じようと
信じまいとイギリスに住むオカルト好きの学生が自分で創作した都市伝説を人から聞いた話だと言って趣味の仲間に広めたそれから
しばらく経ったある日をヒレがついた同じ話を友人から聞くことになるには9時際に起きた殺人事件が元になった噂話であり元になったとされる事件も彼はニュースで知っていたただしその事件が発生したのは彼が最初に話を作った2年後だったのだが信じようと信じまいととある家で赤ん坊が生まれた日に記念に柱時計を購入した