体調管理基本中の基本

“便通をよくしておくだけでも体調が整いますよ。体調を良くするためにいろんな事をして時間を浪費するより便通改善を試みる方が有益だったりします。別にこれが全てではないですよ・・・。便通改善は健康を維持するための基本中の基本だろうと感じただけで他にも効果的なことは山ほどありますから。

口から入れたものは栄養となりカラダの役に立ちますよね。しかし、食べたものが全てカラダの役に立ってるかというとそうではないんですね・・・。食べたものの中には食品添加物というカラダにとって有益じゃないものが入っているのでこれが邪魔なんです。便通が悪いとカラダにとって邪魔になるものが出て行かないから体調が悪くなります。

食品添加物は安全性が確認されているから人体に問題ないという情報が出ています。でも本当にそうなんでしょうか・・・。食品添加物って食品を腐らせないため傷ませるスピードを遅らせるために使っているんですよね?そういう力を持った物質が人間のカラダの中に入ったときそれらはどうなるんでしょうか・・・。消化されて無害の物質になるとは到底思えません。

便通が悪いと野菜などの繊維が腸に詰まってガスが発生しやすくなってときにはお腹が痛くなったりします。ガスのニオイも強烈だったりしますよね?それってカラダの中でなんらかの異常が発生しているって事じゃないですか?その異常を早く取り除かないと吹き出物が出来たり顔色が冴えなかったり頭が冴えなかったりします。

だからなにはともあれまず便通をよくすることが大事だとわたしは思うんですよ。お腹の中がきれいだったら美味しいものを食べることが出来ます。お腹の中が必要ないもので埋まっていたら美味しいものを見ても食べたいと思えないでしょう・・・。それもまたカラダにとってマイナスですよね。体調を整える方法は人の数だけあって良いと思いますが、便通が悪かったらそれをまず先に解消した方が良いと思いますよ。”