多くのファクタリング会社は個人事業主との取引を敬遠しがち

ファクタリングは、売掛債権を早期に現金化するサービスとして知られています。資金繰りに問題を抱え、一時的な運転資金を調達したいというニーズに応えるため、請求書を買い取るような形で、資金調達を実現します。

OLTA(オルタ)は申込みから入金までオンラインで完結する新しいサービスです。従来のファクタリングでは数週間かかった手続きも、オンラインであれば簡単に行え、審査は最短で24時間以内に完了します。スピード感と手数料の安さが好評です。

ファクタリングの会社はまだ業歴が短い会社が多く、中には実際はファクタリングをしていないにも関わらず、ファクタリングと偽る業者もいます。ファクタリングって、「手数料が安い所を使えば、安く資金調達ができる」って思ってませんか?

資金繰りから解放されたらもっと事業のことを考えられますし、事業のことをもっと考えられたら、事業ももっと安定してきます。

中小事業者にとっては「つなぎ資金」の役割を担うファクタリングですが、個人事業主の利用はあまり広がっていません。その要因は、ファクタリング会社が「債権の小口化」「取引の不透明さ」から、取引に応じることに慎重になるからです。

個人事業主がファクタリングを利用できるかどうかは、ファクタリング会社によって対応が異なります。では、個人事業主の方でも利用できる条件とは、どういうものなのでしょうか。

個人事業主がファクタリングを利用する際のポイント