小学生で英語の塾は効果があるの?意味がない?

2020年度から小学校3,4年生で外国語活動、小学5,6年生で英語が正式教科となる新学習指導要領が実施されています。こういった状況なので、自分の子供を、英語塾に通わせようと考える親御さんも多いのではないでしょうか。一方で、小学生から英語の塾に通っても、効果はない、必要ないと考える親御さんもいると思います。小学生で英語の塾に通うことは効果があるのでしょうか、それとも必要ないのでしょうか。

英語塾とひとことで言っても、色々な教室があります。まず、英会話を主体とした英会話教室と、文法などが主体の英語塾に大きく分けることができます。小学生で英語塾に通わせるならば、なんのために通わせるのかという目的を明確にすることが重要です。

英語を話せるようになることを重視するなら、英会話教室でリスニングなど実用的なレッスンを受けると良いでしょう。中学校を受験したりする目的がある場合は、単語や文法を中心として学べる英語塾に通うのが良いでしょう。ただし、どのタイプの塾に通っても、小学校で英語を習う時に抵抗なく授業に入れることは間違いないでしょう。

また、集団指導か個別指導かや、日本人講師か外国人講師かについても考える必要があります。集団行動が苦手な子や、外国人に抵抗がある子もいると思うので、その子が楽しく英語を勉強できるタイプを選んであげると良いでしょう。そんな子にはマンツーマン英会話教室がおすすめです。GABAキッズ英会話教室は口コミでも評判が良く、効果を感じる方が多いです。

小学生の子供は、新しい知識をどんどん吸収していくことができます。英語の勉強についても、塾に通うことで効果が得られる年代だと思います。小学生が英語の塾に通うことが効果があるかどうか、意味はないのか、必要なのかについて考えると、英語の塾に通う目的をしっかりと考えて、子供にあった塾を選ぶと、効果が得られると言えます。また、英語を楽しく学び続ける塾を選んであげることでさらに効果が期待できると考えれます。ぜひ、子供にあう、よりよい英語塾を選んであげてくださいね。