度を越えたいたずらはいたずらとは呼べない

やったら犬は S を睨みつけた何を入れた醤油適量塩こしょう少々料理番組の解説みたいにスラスラと S が言う通りでしょっぱいはずだしかし僕の悪戯は じゃあないんだぜ僕だってそうさ他にもある S も負けじと言う例えば君のその本これから有名な推理小説だよなその本の謎解きのページを切り取っておいたあ本当だ N 1ページをめくり叫んだひどいことする犯人が分からなくなってしまった。
それなら大丈夫ですがニヤリと笑うどういうことだよ登場人物紹介のページの犯人の欄に赤ペンで丸を打っておいたどれどれあーこいつが犯人だったのかしかしこれじゃ読んでいたか行かないと言うまあ今日の所のいたずら勝負は僕の勝ちだなミスが勝ち誇ったように言ったそれはどうかな本を閉じると n は言った僕にもまだとっておきの悪戯がある。
そう言うと n は S のパソコンを指さしたこれそうそのパソコンにいたずらをしたんだどこにあるパソコンを調べながら S が首をかしげる実はね爆弾を仕掛けたんだそのパソコンにね S は驚くひどいことするなこれは高かったんだぜ何より危ないじゃないか大丈夫この机の近くにいたら危ないだろうけどさすぐ逃げれば怪我はしないさでもやっていいことと悪いことがあるぞまあねしかしこれで僕の勝ちだね音は自慢気に言ったさてあと1分ほどで爆発するからそろそろ逃げようか。
後悔するぞメッスが悲しそうに言ったどうしたんだ確かに爆弾はやりすぎたかもしれないが実は僕ももう一個をいたずらをしたんだいすから立ち上がると S は言った君の椅子とお尻の間にさ接着剤を塗っておいたんだよね。