振り向いてはいけないという話はたくさんある

海は本当に色んなことがある。
海に行き続けて45年今は兼業漁師の父の言葉です。
今回は私と父が一緒に体験した話。
私が小学校3年の時父とともに船で夜釣りに出かけました。
1階に出ると陸の明かりはもう見えなくなっておりその日は釣りにも少なかったと記憶しています。
ただ月あかりか夜は明るく船の真ん中に私たちだけがいるようでした。
その日は本当によく釣れたんです。
1時間もしないうちに大量になり私はお父ちゃん今日は明るいのによく釣れるねと何の気もなしに言うと父は突然仕掛けを片付け始めこんな日は早く帰った方がいいと空を見上げました。
その時初めて気が付いたんです空に月が二つあったことはあれ何と私が叫ぶと父は静かにそんなこともある。
もうあれを見たらいけん中に入ってなさいと私を船内におっしゃるのでした。
あれは何なのかと改めて聞いてはいけない気がしました。
聞いても多分父は分からんと言うでしょう。
この手の話はたくさん父に聞きました。
その都度言うのですそんなこともあると。