美容外科のレーザーによるしみ治療について

強い日差しが原因で肌にしみができた場合、レーザー治療で改善が可能です。
日差しの中には目には見えない紫外線が含まれており、紫外線にさらされた皮膚はメラニン色素が生成されて日焼けの症状が現れます。
お肌手入れの目的:ハッピーメール
人間の皮膚は、刺激から皮膚を守るためにメラニン色素をつくる機能があるため、日焼けという現象が起きます。
お肌のしみと、日焼けの成り立ちはよく似ていて、どちらもメラニン色素によってできています。
狭い範囲にメラニン色素が集まればしみに、太陽光の当たった広範囲に色素ができれば日焼けになります。
しみがあまりにも濃くなりすぎると、化粧品で覆い隠しても透けて見えてしまうことがあります。
しみを解消したいという女性の中には、美容外科を利用するという人もいます。
しみの黒い色素にだけ熱を集中させるレーザーを照射することで、皮膚を痛めずにしみだけにダメージを与えます。
レーザーを受けてしみに熱が集まると、皮膚細胞として使えない状態になり、何日かかけて剥離していきます。
メラニン色素の多い皮膚細胞が除去されて、作りたての皮膚が表に現れてきます。
表層のしみのできた皮膚を除去すると、繊細な皮膚が表に現れますので、皮膚にダメージを与えないようなケアが重要です。
レーザー治療を施した後の皮膚は刺激に敏感な状態なので、外界の刺激にさらされいようサージカルテープなどを活用しましょう。