認定特定創業支援等事業を受けて新たに事業を始める方

融資による事業資金調達は、借り入れ先によってさまざまな方法がある。ここでは、融資で事業資金を調達する具体的な方法について、いくつか説明する。日本政策金融公庫ではさまざまな融資が用意されており、状況に応じて適切なものを選択できる。また、利率は市中の金融機関から借り入れる場合よりも、低く設定されている事も多い。

事業資は、銀行や信金などの金融機関から借り入れることが一般的ではあるが、金融機関から直接借り入れることが難しいケースも少なくない。そこで、地方公共団体や金融機関、信用保証協会の協力のもとで融資を受けられる制度が用意されている。

一般的な商売では、商品や材料を仕入するために先に仕入先に支払を行います。その後、在庫として売上先に納入まで管理する期間があり、商品を売上先へ渡し、売掛金を回収するという流れになります。そのため、売上があり黒字だとしても、手元に現金がなく、資金繰りが厳しい期間が発生してしまうのです。

事業資金とは運転資金の一種で、季節性のある商品を扱う商売をしている場合に発生する資金需要です。たとえば、スキー板を販売している会社であれば、一般的に秋〜冬にかけて商品の販売が増えることが予想できます。

独立行政法人中小企業基盤整備機構が出資する投資事業有限責任組合から出資(転換社債、新株引受権付社債、新株予約権および新株予約権付社債等を含む。)を受けた方

地域創業促進支援事業又は潜在的創業者掘り起こし事業の認定創業スクールによる支援を受けて新たに事業を始める方